出会いの経験が大分ではいっぱいでした

私は多くの出会いや失敗を経験しました。外資系企業の上級管理職(日本で採択)から、早期退職を促す日本からの撤退の結果、同部門から出会いした。また、1年かかっても仕事が見つからなかった日を経験し、半年後にはハローワークで税金を納めた。必然的に、私は絶望と屈辱の気持ちでいっぱいでしたが、今はこの経験が生きていると感じています。

大分 出会い

特に弱く触れる人になったと思います。不思議な出会いと他の無意味で空しい。私は何が起こるのか分からず、離婚は「元妻との離婚は後戻りではない」と言っていると思います。「お金を払っても挫折しなければならない」ということです。このような失敗の蓄積は、成熟しているかどうかにかかわらず、人間としての厚さや深さであると聞くのは一見容易です。人の発言を聞くのは一見容易ですが、私とはまったく異なるアイデアを持っている人でさえ私は「それは確かにそのような考え方がある」というような公差を私に与えたと確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です