彼は家に帰ったと伝えられています。
現在、大分出会い的なコミュニケーション手段はたくさんあるので、そういう展開はないかもしれませんが、当時は一期一会だったので、その場で次のスケジュールを設定しなかったら、完全に明らかになった。正しい。

なので大分出会いの8時に指定された場所で待っていましたが、来ませんでした。
約2時間後、8(8)を1(1)と誤って聞きましたか?ずっと待っていて、13時以降も来ません。

まさか、8時⇒20時? ? ? ?大分出会い

20:00まで待った

もう一度間違っていた… T_T

当時は疑問に思っていたのですが、思い出すと、このあたりで、似たような出来事を連想させるものがあります。

大分の出会いで食事をしながら本を読んでいたのは、大学3年生の夏だったと思います。
忙しくて席を共有している女性がいましたが、手をつないでいたら話をしました。

“あなたは何を読んでいる?”

その後、とりとめのない話をしていたところ、気づいたら約2時間でした。
私は大分の出会いで門限があったので、家に帰らなければならないと思ったとき、

「朝から今日までプレーできます。」

大分の出会い。
門限のある私にとっては、すごい音で朝まで遊べます! !! !!思った

「私は嫉妬しています。門限はなく、朝までプレーしていません。今日は家に帰る必要があるので、次の日曜日にプレーしませんか?午前8時に駅で待っています。 」

「大分の出会いがいなくて寂しいかな?」

私が言われた、

「そろそろこの時期だ。自分を甘やかし続けているのでは?」

大分の出会い

「私は来ることができるときに引っ張られますが、私は自分自身に行ってもかまいません。」

ぶつかると壊れるのでダメージは大きいと思います

「それは難しい性格ですね、w」

彼女は家に帰り、残業しました。

大分の出会いの話を聞いて、以前にも似たようなことがあったことを思い出しました。
若い頃は、女性に感動するタイプではないという気持ちが強かったです。
そのため、10代の時間を過ごさなければなりませんでした。自分のところに行かなくても女性と関わり、そこに行けば元気になるということはめったにありません。