古典的な大分の出会いを組み合わせたい

電子メールマガジンから
「トンカツとキャベツ」

「大分の切り身」は古典的な組み合わせです。

まるで大分がメインであるように、たくさんの人が積み重なったキャベツにヒープで固執しています。

大分 出会い
脂っこい野菜は脂っこい風味がありますが、このコンビネーションはいつクラシックなのでしょうか?

元祖は1895年(明治28年)に創業した銀座の西洋レストランであると言われています。

1899年(明治32年)、第二世代の木田大分さんは、日本人に適した肉料理として、豚肉のカツ、トンカツを発明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です